ROVAL RAPIDE ハンドルバー

今日は雨日和。一旦作業を止めて新商品のご紹介を。
ご紹介したいネタは500個くらい(?)溜まっているのですが、それはまた折を見て;;
 
 
 
本日の着弾は・・・・・




ROVAL RAPIDE ハンドルバー


ROVALより究極のエアロハンドルバー、「RAPIDEハンドルバー」が入荷してきました!

ROVAL RAPIDE ハンドルバー

 



CLXシリーズや、RAPIDE・ALPINISITなど最速のホイールブランドの一つとして名高いROVALですが、ホイールだけではありません。
ステム一体型ハンドルバー、ALPINIST SL COCKPITやTERRA、ALPINISTシートポストのようにコダワリのコンポーネントの展開もじわじわと。
もちろん全てがROVALらしくハイスペック・高性能なアイテムばかり。

 
そのROVALからコダワリ尽くしなエアロハンドルバーが入荷して参りました!

 

  

SPECIALIZED AEROFLY2 ハンドルバーの後継モデルと言っても良いでしょう。
数々の輝かしい戦果を上げてきたAEROFLY2ハンドルバー。
究極のエアロ性能を誇ったAEROFLY2をさらに磨きをかけて、登場したのがこのRIPIDEハンドルバー。
 

実は今シーズンも既にマーク=カヴェンディッシュやサム=ベネットも実戦投入しており、早くもいくつもの勝利をもたらしています。レースで実証済みの性能ということですね。

 


トップのエアロ形状をAEROFLY2よりも前方にもってくることで、前腕や手首、あるいは膝に対してクリアランスを確保。どんな姿勢をとっても当たりにくくなっています。


もちろんハンドルバーの取り付け角度にもよりますが、なるほど確かに手首周りのクリアランスにはゆとりが感じられます。

 

翼状部分のテクスチャー仕上げは踏襲。手に汗をかいたり、濡れたコンディションでも滑りにくくなっています。

ミニマムかつソリッドなデザインなのでバイクを選びません。
もちろんSPECIALIZED以外のバイクにつけても良いでしょう^^
 


ケーブル・ホースの通り口も気持ち大きくなったような。
内装も作業し易くなりそうです。
 

 


バーの形状が変わったことで、ホース出口のところのカバーも変わってます。バーそのものの形状もそうですが、AEROFLY2と比べるとよりラウンドしたエアロ形状。洗練された感があります。
こちらの小物はハンドルバーに付属しています。





そして重量。

 

カタログスペックでは220g(420mm)とありましたが、400mmで実測202g!
 
 
これは数あるエアロハンドルバーの中でも際立って軽量といえるでしょう。
エアロ形状でないノーマルカーボンバーと遜色ない重量です。
 
それならばエアロにしない手は無いですね!

ROVAL RAPIDE ハンドルバー  税込¥48,400




5/27現在全サイズ(芯ー芯380mm、400mm、420mm)全て在庫がございます。
 
例によって早期欠品が予想されますので、気になる方はお早めにご相談ください~!


ALDINA cyclery

東京都小平市上水南町3-19-17 ユーポポラーレ1F
TEL:042-312-0155
Mail: info@aldinacyclery.com
営業時間:13:00~19:00 定休日:火・水曜日 
Facebook:https://www.facebook.com/ALDINAcyclery/
Instagram:https://www.instagram.com/aldinacyclery/
Twitter:https://twitter.com/AldinaCyclery