TARMAC SL6 DISC COMPのご納車。

キャラ際立つ(?)TARMAC COMP DISCのご納車♪


 



SPECIALIZED TARMAC COMP DISC

TARMAC DISC COMP Gloss Cosmic Mint/Oil Chameleon/Clean



SPECIALIZED のクライム系オールラウンダー「TARMAC」。
ロードバイクらしい走りの軽さ、キレのある反応性、シャープな挙動を五臓六腑で味わえるバイク。
  
 
シリーズのハイエンドに位置するS-WORKS TARMACのパフォーマンスを忠実に継承したモデルの一つこちらの
TARMAC COMP DISC。
 
 
 



今回はオーナー様のご依頼で「お任せ」でドレスチューンを新車ご納車と併せてご依頼頂きました。


 
ライトなミントカラーにどんなアクセントが良いか・・・・??


今回はオーナー様が敢えて自分では選択しないような趣を・・・とのことで、ヒアリングの上で絶対に選ばれないようなカラーで映えるものをということで目に刺さるピンク攻めで。
 
とはいえ攻めすぎず差し色くらいが心地よいです。

 

 

以前お乗りだったバイクのポジションを限りなく同一に近く再現するためにステアリング回りのパーツの選択は慎重に。
今回はステムは完成車についているものから20mm伸ばして110mmを選択。

 
ついでにトップキャップはスパカズなピンキー。
ステムボルトもピンキーなステンにアレンジ。

  




スタックは以前お乗りのバイクとTARMACのジオメトリを照らし合わせながら、あとは手計算で数値を詰めていきます。(ステムの突き出し量はライズ角の選択はこの数値をもって決定します)
最後は1mm単位で微調整。
今回は1mmスペーサーを2枚ヘッドセットカバーの上に挟んで7°のステムで寸分違わずにリーチ・スタックを再現できました。

 



ハンドルバーはヒアリングを重ねた上でFSAのGOSSAMERバーに。
はじめて試される形状ですのでまずはミドルグレードのもので。


FSAのバーはなかなか特徴的な面白い形状のものが多いです。
こちらのバーはリーチ・ドロップどちらもコンパクト。
そしてブラケット部分からバーエンドにかけていくらか末広がりになっている形状。
これがなかなかどうして。ハマる方は手放せなくなる使いやすい形状だったりします。

上からの見るとバーの末広がりの具合がよくわかります。

  







ボトルケージはSUPACAZのFLY CAGE ANO。

なかなかこの発色のケージは無いですね!

 


 

写真ではなかなか伝わりづらいのですが、このSPECIALIZEDのロゴのカラーが見るアングルによって色味が変わる何とも言えな美しさがあります。時にグリーンメタリック、時にパープル……

何とも味わい深い。。。


フレームも良く見てみるとミントにキラキラしたフレークが散りばめられています。
う、美しい・・・・

レックマウントも併せてご用意させて頂きました。

バーテープもSUPACAZのSTAR FADE。

エンドキャップはミントで。
 
テープは敢えて逆巻きで。
今回はこの方が色味のバランスが良かったので^^




ついでにKnog Oiベルのお取り付けさせて頂きました^^

まるであつらえたかのようなマッチぶり;;



 

 



ご納車には奥様にもお越し頂きました♪

そしてワンちゃんも!

 


最後はご納車のパシャリ!

 



 
向こうしばらくはまだまだ走行会などの実施は難しそうですが、またコロナウィルスの騒動が終息しましたら一緒に走りましょう!
 
とびっきりのバイクでまた皆を引きずりまわしてやってくださいね♪





ALDINA cyclery

東京都小平市上水南町3-19-17 ユーポポラーレ1F
TEL:042-312-0155
Mail: info@aldinacyclery.com
営業時間:12:00~20:00 定休日:水曜日 
Facebook:https://www.facebook.com/ALDINAcyclery/
Instagram:https://www.instagram.com/aldinacyclery/
Twitter:https://twitter.com/AldinaCyclery

前の記事

塩ぷる。